── キラキラ星は夢限大 ──

テンションに任せたり、真面目になったり統一感など存在しない

もしも西の七侍で小説を書くなら〔前編?〕

 

お久しぶりです!はてなブログ様から催促メールが来たにも関わらず、放置しておりました(笑)

一応これでも受験生なので、なかなか時間がなくて…(汗) 書く頻度は決めてないのですが、時間がある時や息抜きしたい時に書いていこうと思います。

 

では、本題にはいります!!!今回はジャニーズWESTのメンバーで小説を書くならどんな書き出しで、どんな内容にするかについて文才もない奴がダラダラと話していこうと思っております。n番煎じかもしれませんが、お付き合いください〜

 

まだ全員書くか分かりません、、 思いついたらまた後編だします^^;

 

※私が基本ミステリーとかそういうのばっかり読むので、殺人とかいう単語でてきます。苦手な方はUターンお願いします。

 

 

>は書き出し(そう言えるほど短くないけど)

◎はあらすじです

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

神山智洋

 

> >頬を伝う甘い雫、必死に何かを求める手、嬉しさに揺れる瞳。彼女の最期は美しかった…

押し寄せる多幸感に支配され、心が満たされたその日、僕は一生消えない印を刻んだ。

 

◎いつも優しかったはずの主人公がある日を境に狂愛者になってしまう。彼女の一言が原因で彼の本当のオモイが溢れ出す。彼は〝2人だけの世界〟を求めて彼女を殺害し、自分も自殺を試みるが失敗に終わってしまう。究極の愛を求め続けた男の行く末はいかに。愛をテーマに物語が動き出す。

 

 

 

☆濱田崇裕

 

> >あぁ、また一人罠に落ちた。もう何回目だろうか、こうして人を騙したのは。俺のいる世界は嘘で汚れ、真っ黒だ。

そんなところでしか息の出来ない俺はひどく愚かで醜いのだと思う。

 

◎天才詐欺師と呼ばれるヒロと純粋無垢な少年、悠貴との出会いから物語は動き出す。汚れた人間として生きる覚悟をしたヒロに躊躇なく踏み込んでくる悠貴。次第に露わになってゆく二人の本当の姿。白と黒、正反対の世界で生きる2人が起こす化学反応とは一体…

 

 

 

 桐山照史

 

> >「いらっしゃい」

決して威勢の良いとは言えない挨拶、壁に貼られた手書きのメニューは学生の頃から何も変わっていない。カウンター席に座り、軽く注文を済ませる。

ふと横に目をやると、こんな貧相な店には似合わない、いかにも高そうなスーツを着た男が静かに水を飲んでいる。何の気無しに「暑いですねぇ〜」と声をかけてみた、その時は本当になんとなく、だった。

 

◎営業マンである桐山は学生時代に起こした罪によって縛られていた。初めてとった有給で帰省し、そこである男に出会う。その人は自分によく似ているように思えて、どこか懐かしかった。_______ 豊かな自然を舞台に、人間の繊細な〝こころ〟を描く日常ストーリー。

 

 

 

重岡大毅

 

> >蝉が鳴く夏の暑い日、実家から「じいちゃんが死んだ」との電話を受けてから慌ただしくしていた一週間も終わり、今自分の手の中にある古い一眼レフを眺める。

少しいじってみるが、フィルムが入っていないようで写真はまだ撮れないらしい。この通り使い方も価値も分からない俺に何故じいちゃんがコレを遺したのかが不思議でならない。

 

◎母の一言をきっかけに大毅は祖父の人生を知る旅に出る。祖父が遺した古い一眼レフを手がかりに時を辿る日々。そこで出会う人々と、カメラが繋ぐ今と昔。刺激のない、つまらない日常に終止符を打つ___時代を超えた一人の青年の成長記。

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

えーっとどうでしたかね、、?全体的にあらすじめっちゃ大袈裟に書いてしまったのは後悔でしかありませんが、好きなように書いていきました〜。全部オタクの妄想でしたね、(苦笑)

 

1人ずつなんでこんな話にしようと思ったか書いていきます↓↓

 

もはやファンの間ではテッパンネタになりつつある、、神ちゃんの狂愛者役。

馬乗りになって首を絞められt…(自粛)

神ちゃんのポイントはやっぱり最初から狂愛者の基質はあったけど、決して最初から表に出してたわけじゃないところ。自分だけ死ねなかったっていう苦しみを抱えたまま生きる姿がみたくてこういう話にしました。

 

一度は演じてほしいよね、こんな役っていう私の願望。

 


濵ちゃんは以前のんちゃんが言っていた案*1をそのまま使わさせていただきました(笑)さすが濵ちゃん大好きなだけあって分かってるよねぇ、オタクのツボ(しみじみ)。
根は優しいんだよね、この詐欺師。自分は汚れてるって思い込んでしまってるけどそんなことなくて、それを自分じゃなくて誰かが気づかせてくれるっていう話にしたかった。誰かが大人じゃなくて少年ってとこも結構こだわった部分。名前がヒロってのはそれっぽいからってだけ(笑)

 

これも一度は演じてほしい、(結構ソレじゃんっていうツッコミは受けつけません)

 


照史くんは人間の繊細な部分を表現できるストーリーにしたいなぁって。照史くん本人がそうだと思うし、そういう人ほど自分と同じ人間に突き動かされそうじゃん?(超偏見)
あらすじに書いてる罪ってのは周りからみたら大したことないって思うかもしれないけど、繊細な人だからこそ感じでしまう罪…みたいな…自分でも何言ってるかわかんないけど伝わってほしい!!(投げやり)

 

これも一度は演じてほs……

 

 

重岡くんは正直サイコパス系の話とチョーー迷った!!!あの垣間見える闇感?(失礼)から考えて超ハマり役だと思ったんだけど、私にはサイコパスというものが分かんないし書けなかったから純情な青年ものにしました、(涙)
シルエットのMV思い出して、個人的に重岡くん×カメラってのが頗る妄想を掻き立てるなぁと思ったのでこんな話にしてみた。つまらないって思っていた人生がカメラとの出会いで変わっていく姿が生命力感じていいなぁと。夏が似合うから、設定は大学生の夏休みってとこ!

 

これも一度は…(もういい)

 

 

というか、重岡くんの書き終わって思ったけど某小説に似てない、?もちろん文章力が天と地の差(それ以上)なのは置いといて、飛行機のやつ…私あれ読んだから無意識のうちに近づいてたのかもしれない…申し訳ない。嫌な気持ちになったら言ってくだい、即消します。

 

 

ということで、気づけば2563字も書いてしまっていて語りたいことは山ほどあるけど、そろそろ疲れたと思うのでこのへんでやめておきま〜す(笑)

 

みなさんにもコレやって欲しい!!超楽しいし、私が単純にみたい。めちゃめちゃみたい。

やったら是非コメント欄にurl貼ってくださいね!!(圧力)

楽しみにしてます〜^^

 

長々とお付き合いありがとうございました!

*1:Myojyoさんののんちゃんがメンバーに映画?のプロデュースする神企画

中間担が語る重岡くん

 突然だが、私は重岡君。いや、アイドル ー 重岡大毅が好きだ。

 

 

どうか、中間淳太くん大好きな私に重岡くんを語らせてほしい。

これは少し大げさかもしれませんが、私は今日のザ少年倶楽部を観て「きっと彼はアイドルになるべくして生まれてきたんだ」と心から思ったのです。グループのセンターで堂々と歌う姿は誰よりも輝いていて、目が離せなかった。

 

 

彼の何がこんなに私をゾクゾクさせ、なぜ無意識のうちにこんな自己満ブログまで書き始めてしまっているのか、それは誰もを魅了する彼のアイドル性のせいなのかもしれません。

 

 

続きを読む

少女漫画の中の小瀧望くんが素敵すぎる!

突然ですが!!

小瀧望くんが少女漫画から飛び出してきたリアルDKすぎる件について誰か!!!!!!

 

毎週土曜日 24:30~24:57 bayFMにて放送中のジャニーズWESTのラジオ 「bayじゃないか」 (メンバーは月交代) の4月16日放送みなさん聴きました!?

まだだよって方は早く聴いてください!(圧)

 

小瀧くんがたまりません、、すごいですあの子(語彙力)

ラジオの内容については割愛しますが、小瀧くんの妄想が素晴らしいです……

みなさんに是非とも聴いて欲しい。

 

ここからはラジオを聴いての感想というより、完全なる私の妄想、いや、願望なので興味ない方は読まなくて大丈夫です(笑)

 

男子高校生の小瀧くんって絶対クラスの中心じゃないですか?いつも周りには人がいて、その中心でキラキラ輝いてるような男の子。

同性からも異性からも好かれるみんなのリーダー小瀧望なわけですよ!!

 

そんな彼が好きな人と自分を好きでいてくれる人どっちをとるかと聞かれたら「好きな人」って答えるんですよ!

でもね〜、私は小瀧くんは少女漫画でいうと

〝ヒロインのことが好きで追いかけるけど報われないイケメン〟

っていうポジションだと思うんですよ!圧倒的に!しかも、ヒロインの好きな人の親友っていうよくあるやつ!

 

誰もいない教室でヒロインが好きな人とぎくしゃくしちゃって泣いていたら、人気者のみんなのアイドル小瀧くんが教室に入ってきて

泣いてるヒロインの横、いや、後ろかな。にそっと座るんです。なんで後ろかっていうと、小瀧くんがヒロインが泣き顔見られたくないだろうなっていうことも考えられる優しいデキる男だからです。

 

しばらくは無言でただその空間にいるだけなんだけど、突然

「アイツと何かあったん?」って優しいトーンで尋ねるんです。

『別になんもないよ』って答えたら

「何もないのに泣かんやろ。」って言いながら前の席に移動してきて、何も答えられずにいたら

「まぁ、ええわ。」って興味ないフリをして

ヒロインの顔を覗き込みながら

「なぁ、お腹空かへん?(笑)」って突拍子もないこと言う。

そして

「そうや!クレープ食べ行こうや!」

「疲れた時には甘いもんやって!まぁ、俺がただ食べたいだけやねんけどな(笑)」

と多少強引にでもヒロインを連れ出してくれる。

 

クレープ屋で一人一個クレープを頼んで、

「なぁ、それ美味い?」って言ってヒロインの持ってるクレープを一口食べて

「あっ、今ちょっとドキッとした?(笑)」って冗談半分で言ってきたり。

他愛ない会話をして、たくさん笑わせてくれて、何も言わずとも帰り道は隣を歩いて送ってくれるんです。

ヒロインが『今日はありがとう、、』って言うと「全然ええよ。少しは気晴しになった?」って聞いて『うん』と答えると、「良かった」って言って髪をグシャっとする。しばらく沈黙が続いて、ヒロインが何を話そうか思考回路を巡らせていると

 

突然、小瀧くんが真剣な顔をして

「あんさ、、俺じゃだめなん?」って聞くの。

「俺やったらお前にあんな顔させへんのに…」って悲しい目をして

 

ヒロインが戸惑っていると

「俺はお前のこと好きやから。考えてとってや…」

とだけ言い残して去っていく。

 

少し進んだところで小瀧くんが振り返って

「今日楽しかったから!また今度な!」って大きく笑って手を振るんだ……

 

 

 

 

この後どうなったかはご想像にお任せします(笑)

 

 

 

いやーー、男子高校生 小瀧望。良い。

少女漫画の中の小瀧くんは絶対記念日大事にするタイプだと思うんですよね〜 

彼女の誕生日にはサプライズとか仕掛けちゃうんだよなぁ〜

彼女にお弁当作ってきてや!!っておねだりしたり、昼休みは屋上で彼女の髪の毛いじって遊んだり…最高に甘い。

彼女のことめちゃくちゃ大事にするし、たまには彼女にヤキモチ妬いてほしいし(笑) 少女漫画の中の小瀧くんは激甘ですね〜

 

完全なる私の妄想にお付き合いいただいてありがとうございます!書き出したら止まらなくて(苦笑)

 

こんな妄想話を長々続けててもアレなので、とにかくみなさん!bayじゃないか聴いてください!DK小瀧くんすっごく妄想が膨らみます(笑)

 

そんな小瀧くんが主演を務める映画「プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜」は2018年公開です!!楽しみですね!!

 

 

ジャニーズWESTは期待の星!?

この興奮が抑えきれないので、スマホでばばーっと文にしますね。

 

まず先に、

ジャニーズWEST、ドラマ決定おめでとう!!

しかも、7人主演でJohnny's初のネットドラマ

 

中間担としては淳太くんの演技が画面で見られるのがめちゃくちゃ嬉しいよ(;ω;) メンバーのドラマラッシュの間どれだけ淳太くんに演技仕事こないかなぁと思ったことか(;ω;)

 

思ったんだけど、シニカレはネットドラマの分類じゃないのかな?まぁ、細かいことは気にしなくていいか(笑) 

 

その事はおいといてー

いや、ほんとにすごい。ほんとに。まるでジャニーズWESTが新しい時代でも切り開いていってるよう……

初のアカウント作成、初のネットドラマetc…

なんだか事務所の実験台にされてる感は否めないんだけど、そんなことお構い無しにWESTくん達はそれすらも踏み台にして成長していくんだろうな。なんて素敵なんだろう。そんな姿がだいっすきだよ!!(唐突)

 

でも、この話が他の誰でもなくジャニーズWESTというグループにきたことは本当に本当にすごいことで〝7人でしかできないこと〟を周りも期待してくれてるんだなと改めて感じて胸が熱くなりますね。(何様だよ)

そして、7人全員で主演っていうのがすごく嬉しい。全員の演技力があってこそできるもので、デビュー前から現在まで積んできた多くの経験が認められたってことだからファンとしても嬉しい気持ちでいっぱい……

 

ああ!本当に今からドラマのことを考えるだけでワクワクが止まらない!!どんな作品なのかな?原作がどんなのか分からないけど、コミカルな要素多めなのかな?監督はアゲイン!!の監督だし間違いなく面白い作品になるんだろうな。

 

とにかく、改めてジャニーズWESTは期待の星だなと思った!!事務所からゴリ押しするでもなく、程よい具合で推されてる(個人的な見解です)。


着実にてっぺんへの階段を登ってるなと実感する今日この頃。

これから先、グループだけでなく個人としても世間に知れ渡って欲しい。ゆっくりでいいから。いつか実現してほしいな。手が届かないくらい大きくなって欲しい。でも、置いていかないでっていうのが本音で、それは我儘なんだろうけどWESTくんたちなら手を取ってくれるのかななーんて。

そんな期待を込めてこれからも応援していこうと思います(笑)

 

毎回こんな〆方になってしまってる気がする……もういいよ、お前って方たくさんいるよね。ごめんなさい(>_<)

 

 

 

 

 

祝!結成三周年!

 

今日、2月5日はジャニーズWESTの結成日!!おめでとうございます!

 

ということで!今回は

〝私がジャニーズWESTを好きなわけ〟

について語ろうと思います!!(ただの自己満足)

では、どうぞ!!!

 

 

 

1 親しみやすい

これは自分でもなぜだか分からないんですけど、ジャニーズWESTってアイドルなんだけどすごい身近にいる気がしません!??

なんて言うんだろう……親近感?(笑)

照史くんや淳太くんがよく、「各方面のアホを取り揃えたグループ」  「クラスには一人いる奴を集めたグループ」って言いますけど何となく分かる(笑)

 

 

2 ファンとの距離が近い

物理的な距離じゃなく、心理的な距離が近いと思うんです。ほかのグループにも言えることなんですが、WESTは特に真っ直ぐに、そして心からファンに向けて想いを伝えてくれるので

私たちもジャス民で良かったなぁとかこれからも応援しよう!って気持ちになれる場面って多いと思うんです。グループが私たちファンと共に成長していってる感じがしてすごく近いなぁと思います。

 

 

3 絶対的であり絶対的でないセンターがいる

どういうことか分かりますか?(笑) この感じを伝えるのって難しいんですが、

Hey!Say!JUMPの山田くんのように絶対的なセンターがいるわけでもないけど、何かあった時にスッと前に出ることができるセンター:重岡大毅という存在がいるんです!!

7人横並びだけど頼れるセンターがいるってとこがいいんですよね……

 

 

4 格差がないという安心感

格差って事務所側からすればグループを印象づけるためにやってるんでしょうけど、ファンからしてみれば辛い。ほんとに辛い。

WESTのファンになってみて格差がないってほんとにいいなって……私、元キス担で当時はほんとにそれが嫌だったし見てるのが辛かった。

WESTもデビュー当時格差があって、なくすのには相当の努力があったと思うんです。今は全員横並びなのでほんとに良かった!

 

 

5 とにかく仲がいい!

これはほんとうに常々感じているのですが、呆れるほどに仲がいい(笑)

仲がよすぎてビジネスじゃね?って思うこともしばしば。ノリがね、DKなんですよ(笑) 私は関西人じゃないんでわからないんですけど、これが関西人のノリってやつなんですかね?全員私なんかより全然年上だけど、かわいいなぁって思ってしまいます。みんなでわちゃわちゃ楽しそうにしてるの見るとこっちまで笑顔になる!

 

 

6 トークがおもしろすぎる!

私が初めてWESTのライブに行ったとき、トークのおもしろさに感動したんですよ!!そして、これでもかってぐらい喋る、喋る(笑) 笑いをとることに必死なところもかわいい。

ボケからツッコミ、傍観者(最近は不在)まで取り揃えてるんだからジャニーズWESTってすごい!!

 

 

7 なんといってもパフォーマンス!

元気でがやがやした曲からクールな曲、色っぽいオトナな曲、しっとりしたバラード曲まで...とにかくパフォーマンスの幅が広い!!そして歌がうまい!!

好きになったきっかけのひとつが歌唱力でいつも聴いてる。ダンスも一人一人魅力的でとっても素敵...

 

 

8 向上心のかたまり!!

どのグループにも向上心はもちろんあるんですけど、WESTさん達はそれを口に出して私たちファンに伝えてくれるから本当に好き!!

てっぺんとりたい!と突き進んでいるけどそれは決して猛ダッシュじゃなく、ファンを置いていかないように手を取り合って1歩ずつ…1歩ずつ着実に。

前回の記事でも言ったけど、前進することに貪欲で目標達成してもその上!またさらに上!と全力で夢を追いかけている姿が彼らの魅力であり、

私がWESTを好きな1番の理由なんだと思います。

 

 

 

書き出したら止まらなくなりそうなので、まだまだあるけどこのあたりでやめておきます(笑)

読んで下さった方ありがとうございました!ひとつでも共感してくれたらいいなぁ

 

改めて、結成三周年おめでとうございます!これからも応援し続けます!!

新規が初ドームで見た景色

今までたくさんの方のブログ拝見してきて、最初自分は語彙力も文章力もないので書くつもりなかったのですが

この感情をどこにぶつければいいのか分からず、文章にしてみようと思い立ったわけです。

なんか意味わからんことをファンが語ってるなぁ〜ぐらいに思って読んでいただけると幸いです(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジャニーズWEST 24から感謝届けます

ありがたいことに、12月25日 の両部とも参戦させていただきました。

ドームに足を踏み入れた時、あぁここが彼らの目指してきた場所かと思うと嬉しくて嬉しくて……彼らはこの場所でどんな姿を魅せてくれるのかと想像するだけでワクワクしました。

照明が落ち、OP映像が流れて…いざ登場!!

この瞬間ってジャニヲタが一番興奮する瞬間ですよね(笑)

ワーキャー言ってるうちに数曲が終わり、スクリーンに流されるデビューの時やジュニア時代の映像。若いなぁ〜可愛いなぁ〜と思いながら観ていると、

始まったのはアメフリ→レインボウ!?!?

えぇ、びっくりしました。まさかJr時代の曲歌うの!?って感じで驚きが隠せなかったです。

 

私はジャニーズWESTを好きになって1年のいわゆる新規というやつで、Jr時代の彼らを人から聞いた話や当時のファンの方の文書でしか知りません。

ジャニーズWEST結成までの物語。それを聞いた時、Jr時代の彼らを知りたいと思わずにいられませんでした。某動画サイトでJr時代の彼らの楽曲を漁りに漁りました。今とは少し違う関係性、それぞれのユニットの空気感……これが彼らの原点かと思うととても感慨深いものがありました。

 

ジャニーズWESTを応援していくなかで、

「なんで私はもっと早く彼らという存在に、彼らの魅力に気づけなかったんだ。」

「できることなら、私も当時の彼らと一緒にデビューという夢を大舞台に立つという夢を追いかけたかった。」

そう何度も何度も後悔しました。

時の流れというのは残酷で、いくら後悔しても過去に戻ることはできません。

しかし、

彼らは見せてくれたのです。自分たちの原点を。私たちに

歌っているのは現在の、ジャニーズWESTとしての、彼らだとしても、昔の自分に、そして仲間に思いを馳せ、お互いにこの瞬間を噛み締めながら歌う姿は、私が画面越しに見たB.A.D、濵田崇裕(BOYS)、7WESTというユニットでいないメンバーもいるけれど、

まるで当時の彼らが今この京セラドームという大きな舞台で歌っているようで……

私の知らない当時の彼らが、ほんの少しだけ見れたような気がしてとってもとっても嬉しかった。

 

ライバルであり仲間であった彼らがジャニーズWESTという一つのグループとしてデビューしてくれたこと、目標にしてきたドーム公演という素晴らしい景色を私たちに見せてくれたことの全てに感謝したい。

一つの目標を達成したら満足せず、更なる高みへと手を伸ばす貪欲なジャニーズWESTというグループをこれからも応援していきたいと強く思えた1日でした。